目次

 (420)

内容紹介

◎日本政府の危機管理を問う
 ■百田尚樹・江崎道朗…遅かりし、安倍政権!
 ■阿比留瑠比…いっそ安倍独裁ならよかったか
 ■橋本琴絵…総理の人柄を信ずるゆえに安倍政権よ、正義の外交を頼む
 ■門田隆将…森雅子法相はなぜ謝罪したのか――「真実」は関係がない形骸国会《事件の現場》
 ■氷川貴之…氷川政話女闘士の言論戦――コロナの陣山尾志桜里、蓮舫、望月衣塑子

◎世界の敵・習近平
 ■藤井厳喜…令和恐慌が日本を襲う
 ■髙山正之・福島香織…あの習近平が「健康シルクロード構想」を提唱
 ■スティーブン・モッシャー…新型ウイルス武漢の研究所から流出濃厚
 ■河添恵子・孫向文…武漢ウイルス人工説で女のバトル
 ■岩田温・佐々木類…中国人は罪を逃れるためならなんでもする
 ■馬渕睦夫・篠原常一郎…「来日中国人は感染者の恐れあり」となぜ書かぬ
 ■深田萌絵・小林ゆみ…チャイナリスクマスクも五割以上は中国製だからネ
 ■KAZUYA…アカウントを消して逃亡した朝日記者の卑怯《KAZUYAのつぶやき》
 ■矢板明夫・張茂森…見事な危機管理台湾だけが何故
 ■大高未貴…映画『馬三家からの手紙』が暴いた中国の非人道性
 ■西村幸祐・ペマ・ギャルポ…『JAPAN TIMES』発ウイグル人8万人がサプライチェーンに狩り出されている
 ■片岡聡一(岡山県総社市長)・野口健…私が市民にマスク放出を決めた瞬間
 ■曽野綾子…若者に「非常事態」の体験を〈その時、輝いていた人々拡大版〉

◎韓国の焦燥
 ■松木國俊・WWUK…反日団体VANKは政権の操り人形
 ■呉善花・室谷克実…日本を防疫後進国と嘲笑した韓国が感染拡大で大慌て
 ■但馬オサム…ウイルス蔓延の元凶「新天地イエス教会」が日本人を狙う

◎外国人コラム
 ■ジェイソン・モーガン/孫向文/ロバート・D・エルドリッヂ・グレンコ・アンドリー…日本と韓国・中国の差が見えてきた

◎『死の淵を見た男』映画化・フクシマフィフティ
 ■門田隆将・大高未貴…吉田昌郎にみる危機の指導者

◎歴史教科書戦
 ■藤岡信勝・竹田恒泰…常軌を逸した〝ケチ付け〟で検定落ちた

◎中途半端な知識で…
 ■内藤陽介…間違いだらけの「中田敦彦のYouTube大学」

◎今さらフェミニズム!?
 ■竹内久美子…上野千鶴子先生、フェミニズムって、もう終ってるでしょう

◎甘辛問答
 ■石原慎太郎・亀井静香…ナニ、神風がコロナを吹き飛ばしてくれるよ

◎読者から
 ■有馬哲夫…拙論「真珠湾陰謀説を検証する」への反論に寄せて

関連する記事

関連するキーワード

投稿者