《PR》5万円から始める!クラウドファンディングを活用...

《PR》5万円から始める!クラウドファンディングを活用した新たな資産運用の形

 資産運用をはじめてみたいけれど、「元本割れが怖い」、「難しい」「リスクがある」などと不安に感じる人もいらっしゃると思います。

 しかし収入が増えない、銀行の金利も低金利で増えない。現状維持でも仕方ないと思っている方にぜひ「自分のお金に働いてもらう」という発想をもって資産運用にチャレンジしてみませんか?

 今回は、資産運用にトライする方に向けて、SAMURAI証券からの「新たな資産運用」の方法と種類を解説します。

 収入が少ないから資産運用には縁がない、若いころから始めていないから「わからない」から出来ない、と思う方も数多くいらっしゃると思います。

 しかし年代に関係なく資産運用をはじめるタイミングは遅くはありません。いつからでも、思い立ったら少額で始められるのが資産運用です!!


この記事で紹介する新たな資産運用の形:SAMURAI証券の「SAMURAI FUND」はコチラ

自分の今のお金(資産)の状態を知る~

 資産運用をはじめる前には2つのステップを確認しましょう。
 第1ステップ 自分の今のお金(資産)の状態を知る

 資産運用をはじめる前には、まず自分の現状の資産を把握する事です。自分の資産の状態を知り、資産がいくらあるのか、投資にはいくらくらい回せるのかを把握する必要があります。

 ・現在の保有金融資産を棚卸ししてリストに書き出してみましょう。
 ・これから使う予定のある資金、時期も書き出してみましょう。
 ・使う予定のある資金の時期を下記の3つに分類してみましょう。

① 1年以内に使う予定のある資金を短期に分類
 生活費や急な出費に備える短期資金は、普通預金などいつでも引き出せる金融商品が適していると一般的に言われています。
 
② 5年以内に使う予定のある資金を中期に分類 
 5年以内に使う予定の中期資金は、安全性の高い金融商品に預けておくのが一般的と言われています。資産のほとんどを普通預金や定期預金に預けている方は、これを機に5年以内で満期がくる金融商品に投資をして、お金に少しでも働いてもらいましょう。

③ 5年以上使う予定のない資金を長期に分類
 5年以上長期に使う目的の決まっていない長期資金は、投資商品に回してもよい資金です。なぜなら収益性の高い金融商品には価格のブレがあるため、じっくりと増やしたり、値下がりしても回復を待てるよう長く保有できることができるメリットもあります。

中期資金と長期資金で資産運用を考える

第2ステップ 中期資金と長期資金で資産運用を考える

 ステップ1で、資産の状態を把握でき今後の使う予定のある資金の時期も分類できたのでこのステップ2では5年以内に使う予定のある資金と5年以上使う予定のない資金を上手に「お金に働かせ」、将来の資産形成をするのか一般的な金融商品でみていきましょう。

 ① 投資信託の活用
 一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。
 (2614)

出所:投資信託協会
投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。
※この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。
② 個人年金保険の活用
 個人年金保険は、将来の自分のために掛金を支払い、将来一定の年齢に達したときに年金として受け取ることができる保険です。

 個人年金保険は運用方法に2つの分類があり、「定額年金」と「変額年金」と言われています。
 「定額年金」は、あらかじめ決められた利率で運用を行いますが、現在の日本は超低金利環境となっているため、以前よりは利回りが低いため増えづらい状況です。

 一方、「変額年金」は株や債券などで運用を行うため、将来受け取れる金額は変動する商品です。

 個人年金保険にも所得控除はありますが、掛け金全額が所得控除の対象とはなりませんので、税制面ではiDeCoの方がメリットが大きいと言えます。
※個人年金保険は途中で解約できるものもありますが、早期に解約すると手数料を取られる商品もあります。加入を検討する場合は、解約時の手数料も確認し契約するようにしましょう。詳しくは各保険会社にてご確認ください。

③ ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)
 最近よく耳にするようになった「クラウドファンディング」。

 インターネットを介して不特定そして多くの人々から少額ずつ資金を調達する、というこの斬新な手法は、今では事業の立ち上げ支援や寄付、融資等、様々なフィールドで幅広く利用されるようになっています。
 (2617)

 この記事でご紹介するのは、そんな数種類あるクラウドファンディングの一つである投資型によるクラウドファンディングの仕組みを使って、投資をより身近なものにしようという新たな資産運用の形です。

これから紹介するSAMURAI証券の「保証付き 投資型クラウドファンディング」サービスでは、クラウドファンディングの仕組みを利用することで、投資初心者のこの二つの悩みに対応しています。
すなわち…

  〇投資資金は1万円から投資可能 ※ファンドによって最低投資金額は異なります。
  〇リスクを極力抑えこんだ「保証サービス」

を行うことにより、投資へのハードルを大幅に下げています。
 (2619)

 (2620)

SAMURAI証券とは?

 このサービスを提供するSAMURAI証券はジャスダック上場のSAMURAI&J PARTNERSのグループ会社。2019年より「保証付きクラウドファンディング」事業を開始したことで話題の会社です。

 SAMURAI証券が投資とクラウドファンディングを結び付けた理由は、そもそも通常の銀行融資を受ける場合は貸し手は保証を付けるのに、なぜ「投資型」の場合は保証がないのだろう…、という素朴な疑問から。

 保証&クラウドファンディングのスキームを活用した第1号のファンドを2019年3月にリリースしてから、ご好評を受け、最近では、数分から数時間で満額成立するほど人気のファンドに成長しています。
その投資スキームは至ってシンプル。

 クラウドファンディングにより多くの(少額)投資家から資金を集め、その資金をグループの投資会社(SAMURAI ASSET FINANCE)を通じ、事業者に貸付ます。
その貸付先からの返済金をファンドの運用期間の間、投資家の皆様に分配&償還するというスキームです。

 他の「投資型クラウドファンディング」には見られない特徴は、営業者である SAMURAI ASSET FINANCEから貸付先への貸付に対して保証会社である株式会社日本保証を入れています。

 具体的には、金融機関向けの保証事業などを展開する株式会社日本保証が貸付先の債務を保証することで、投資家の皆様のリスク軽減を最大限図っております。

 ただし、投資商品であることから一定のリスクは存在します。

SAMURAI FUNDのポイント

-ポイント① 最低投資金額
 最低投資金額は、1万円~となります。※ファンドによって最低投資金額は異なります。

-ポイント② 目標利回り
 目標利回りは年率3%~7%です。2016年1月から実施されている日銀のマイナス金利政策によって、銀行預金の金利は定期預金でも年率0.01%~0.3%と低水準が続いている中、直近募集したファンド(サマーキャンペーンファンド1号)の目標利回りは年率7%と魅力的な利回りとなっております。
 ただし、定期預⾦とクラウドファンディングのリスクの差があります。定期預⾦は預⾦保険の対象ですが、クラウドファンディングは預⾦保険の対象外です。 

-ポイント③ 日本保証による債務保証
 最大の特徴が、日本保証による債務保証で出資金元本の保全を図るスキームです。SAMURAI証券の親会社であるSAMURAI & J PARTNERSは、金融事業などを展開するJトラストおよび、その子会社で金融機関向けの保証事業などを展開する日本保証と業務提携をしています。オータムキャンペーンファンド1号は、日本保証が貸付先の債務を保証するというスキームの構築が可能です。
 
 く言い換えますと、本投資資金が活用された貸付債権に対して、返済遅延や返済不能などが発生した場合に、日本保証が肩代わりするということです。つまり、デフォルトによる元本割れリスクを低減できるだけでなく、予定どおりの利回りが狙える可能性が高まります。

商品のデメリット・リスク 

①途中解約ができません
 ファンドの運用期間中は、お客様のご都合による解約は原則できません。投資をされる場合は、ファンドの運用期間をご確認いただき投資をお願いします。

② 以下の場合、元本が欠損いたします
 -借入先および日本保証がどちらもデフォルトした場合は、元本が欠損します。
 -営業社であるSAMURAI ASSET FINANCE社がデフォルトした場合は、元本が欠損します。

③ 商品のお申し込みタイミング
 本シリーズは、保証会社による保証付きであるにもかかわらず、比較的高い利回りを実現しているため、投資家の皆様にご好評いただいているファンドです。そのため、過去募集開始日に満額成立したケースもあり、申込を希望されてもできなかった場合がございます。

 募集をご検討いただく際は、事前に「SAMURAI FUND」の会員登録が必要です。会員登録はwebサイト上で完結しますが、本人確認書類の審査などを経て、承認されるまでには5営業日程度かかるのでお早めのお手続きをおすすめしています。

お問合せ・お申込みはコチラ!

中長期資金を、ぜひSAMURAI証券の「SAMURAI FUND」を選択肢一つとして、資産形成をはじめてみませんか?

9月30日まで新規口座開設キャンペーンを開催中です。
 ※キャンペーンサイトへのリンクはコチラ!
https://www.samurai-fund.jp/LP/20200801/
【取引にあたっての免責事項】
・SAMURAI証券の証券口座の口座開設料・管理料は無料です。
・SAMURAI証券で取り扱っている商品等への投資には、商品毎に所定の手数料や必要
経費等をご負担いただく場合があります。
・各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
・各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますの
で、詳細につきましては、SAMURAI証券WEBサイトの当該商品等のページ、契約締
結前交付書面等をご確認ください。
・ご申請いただいたお客様情報を当社が定める取引開始基準等に照らした結果、会員登録をお断りする場合があります。

【会社概要】
SAMURAI証券株式会社
東京都港区虎ノ門1丁目7番12号  虎ノ門ファーストガーデン 10階
【登録番号】
第一種・第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第36号
【加入協会・基金】
日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、日本投資者保護基金
 
URL:https://www.samurai-fund.jp/
    受付:9:00~17:00(土日祝日を除く)

関連する記事

関連するキーワード

投稿者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く