【時局を斬る!:英語教育論】英会話をめぐる幻想と詭弁――島田洋一「天下の大道」

【時局を斬る!:英語教育論】英会話をめぐる幻想と詭弁――島田洋一「天下の大道」

常に日本人を悩ます「英会話能力」の取得。 そもそも「中学高校6年間の英語教育で英語をしゃべれないのは、大学入試に会話力の評価がないからだ」 という「改革」推進者らの基本認識は正しいのか。英語教育のあるべき姿は。 (『WiLL』2020年1月号掲載)

新しいコメントを書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。