今度は「敵前逃亡」で歴史戦"連敗"の岸田首相【山口敬之の深堀世界の真相 No70】

今度は「敵前逃亡」で歴史戦"連敗"の岸田首相【山口敬之の深堀世界の真相 No70】

佐渡金山をユネスコの世界文化遺産に推薦することを岸田首相が最終的に決めた(1月28日)。「敵国」韓国が来年秋以降ユネスコの委員国になることから、今年が登録の事実上のラストチャンスだったこと、それ以上に「韓国の反日的嫌がらせを助長する」という意味において、もし今年申請を見送っていたら非常によくない展開が予想されていた中での決断だった。だが、決断に至るまでの過程を見ると、不穏な空気が漂っていることがわかる。今回のドタバタ劇に見る、岸田総理に欠けているリーダーの資質とは――。

兵六玉 2022/2/7 05:52

非常にクリアな分析、いつもありがとうございます。
組閣時に野田聖子を脇に侍らせている時点で変だなと思ってました。
左シフトすることで立憲共産の息の根を止める、という結果になれば不幸中の幸いですが。
面倒なことは先送り、敵前逃亡で損なわれる国力・国益が心配ですね。参院選が終わったら即刻退陣してほしいです。
維新と民民に伸びてもらうしかないですが、それだけの候補者を揃えられるか、これまた心配ではあります。

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。