自民党総裁選:「急伸する高市」vs「河野・二階傀儡政権」【山口敬之の深堀世界の真相 No51】

自民党総裁選:「急伸する高市」vs「河野・二階傀儡政権」【山口敬之の深堀世界の真相 No51】

菅総理の不出馬表明以来、熱い闘いが続く自民党総裁選。岸田・河野・高市の3名に加えて9/16日には野田聖子氏が出馬を正式表明。今後は4名の間で総裁の座が争われることとなった。野田氏の出馬はリベラル票を分散させて高市氏を利する、という見解もあるが、果たして本当にそうなのか。不気味な二階幹事長の動きと合わせて、自民党総裁選の最新状況を整理する。

みさ 2021/9/18 19:07

山口先生の観察、洞察、いつもありがたく拝読しています。今回の総裁選では、いつも一番早く、
正確に情勢を伝えてくれます。
今回の二階氏の動機の読みも、恐らくはその通りでしょう。しかし、河野氏からみれば、
完全に悪手と思います。単純に票を減らす行為です。河野氏は、”ヘタを打った”、判断を誤ったのだと
思います。
自身の票を減らし、二階の発言権のみ増える何一つメリットのない悪手を打ってしまったのだと思う。

これでこの情勢のまま1回目投票で河野が勝ち切る目が消え、予想通り高市、岸田連合の勝利で
終わるのなら、二階氏は日本国に対して最後のご奉公をしてくれた、最後の最後で役に立ってくれたと
私は評価します。

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。