CLPへの1000万円は氷山の一角?――立憲民主党から流れ出る「ネット対策費」【山本一郎】

CLPへの1000万円は氷山の一角?――立憲民主党から流れ出る「ネット対策費」【山本一郎】

設立当初から立憲民主党の予算を受けて設立されていた「Choose Life Project」。問題の所在をようやく察知した津田大介氏以下、ジャーナリストや有識者の人たちの抗議声明を号砲として「ステマまがいのネット対策」に対する議論となり、大騒ぎになっている。法人設立前の段階からすでに立憲民主党とズブズブの関係にあった「Choose Life Project」が、その深い関係を対外的に示すことなくクラウドファンディングをやり、公然と一般の人からサポートのカネを取るやり方は果たして適切だったのか――。

大叫喚地獄 2022/1/12 23:35

ネットは便利ですね、公開情報で7割8割は事実判りました。残りはメタ推理すれば、楽しい思索ですね。
この人達は事業仕分けの縁で利権に群がった亡者達ですね。世の中、結局お金なんですね。
★億単位の金を8人程度の事務所実態のない会社に振り込むことはありえません、まー利権仲間の弁護士が社長だからできる芸当でしょうか

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。