ドラマ『新聞記者』問題が暴いた本当の闇【山口敬之の深堀世界の真相 No72】

ドラマ『新聞記者』問題が暴いた本当の闇【山口敬之の深堀世界の真相 No72】

週刊誌報道により、その制作過程が問題視されているドラマ『新聞記者』(ネットフリックス)。しかし、この「新聞記者」と題する映像作品はドラマの他にも映画・ドキュメンタリーと2作品あり、いずれも同様の問題を抱えていることをご存じだろうか。そして、一連の作品全てに関わっているのが、ドラマのモデルともなった東京新聞記者の望月衣塑子氏だ。彼女の非常識な行動とその裏にある「目的」を詳報する。

sakura 2022/2/26 17:57

山口さんこんにちは。重厚な記事を読ませて頂きました。
文春の事は噂には聞いてたんですが、そんな裏話があったんですね。赤木氏の奥さんも気持ちは分かるが、アベガーの一人(籠池氏を連想します)と思ってたので、この件では不信感を持ち、自分とご主人の名誉を守られた、守ろうとされたのだと理解します。

当該の望月イソコは、仰る様に「記者」のカードを持った活動家だと認識してます。
日本は今、こういう反日サヨク(本来の左翼と違うのでカタカナでいつも書きます)が跋扈し、
国や政府や自治体や、学校や企業や、あらゆる所を攻撃し、「破壊」を目論んで活動してるのが現状です。
アメリカから入って来た「ポリコレ」も彼らの武器の一つでしかありません。

彼らは「破壊」が目的の無自覚かも知れませんが「共産主義者、テロリスト」だと思ってます。
日本でも、アメリカでも、いや世界中の「常識 普通 当たり前」を破壊し、自分達の都合の良い社会
自分達だけが優遇され、特権を得て、自分達の思い通りの「世の中」にしたいのだと思います。
その為には手段を選びませんし、誰が傷つこうが無視です。
弱者を守れ!と叫びながら、弱者を踏みにじり、反差別を叫びながら「敵」と見なした者は徹底的に差別します。平和を謳いながら暴力を振るう活動家と全く同じです。

森監督って昔、オウムの映画を撮った人ですよね? 
裁判を盗撮してた事は、この記事で初めて知りました。とんでもないルール違反です。
マスゴミと揶揄されて久しいメディアでも、それは聞いた事ないですね。
サヨク思想なのは知ってましたが、法律違反もOKだったとは・・。

そんな二人の共著が「破壊」ですか。
骨の髄まで反日活動家なんですね~。 
こんな反日サヨクだらけの日本を、どうやったら守れるのか、途方に暮れる思いです。
新しい記事も楽しみにしています。良記事を有難う御座いました。

P.S 裁判にずっと注目しています。お体を大切に頑張って下さい。

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。