離婚後の親権問題――救うべきは子どもたち【森めぐみ】

離婚後の親権問題――救うべきは子どもたち【森めぐみ】

令和3年度全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料によれば、1週間に1人の子どもが虐待で命を落としている。離婚後の親権を親双方に認める「共同親権」導入について再審議という結果となった。子どもたちを救うには、法の改正が急務――。

ゆう 2022/9/2 06:46

文中で、本質に立ち帰ろう、と森さんが考えていらっしゃる「本質」が間違っている。
子どもにとっての安心安全な養育環境は、「両親。だから安心安全」等という盲目的なものではない。子どもの健全発達に必要なのは、子どもが安心出来る、安定した精神と態度の大人が、安定した生活環境で養育する事である。離婚後共同親権では子の決定事項に関して、離婚後も両親間の対立が継続する。離婚し単独親権となりやっとのことで守られている、子どもの安全安心な環境を破壊する法律だ。

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。