迫る日本滅亡の危機――現実を取り入れる「経験主義」こそ救国の道【橋本琴絵の愛国旋律 第70回】

迫る日本滅亡の危機――現実を取り入れる「経験主義」こそ救国の道【橋本琴絵の愛国旋律 第70回】

戦後、「戦争反対」という成句が繰り返され、今回のウクライナ侵攻でも、多くの著名人らによってこの成句が繰り返し叫ばれた。しかし、そうした声の多くはあらゆる戦争に反対するすべての行為が、同時に一般市民の大量虐殺やある地域に住む女性の性奴隷化に「賛成する」という結果になることを理解していないものだ。果たして、来たる亡国の危機を回避する方法は――。

悟朗 2022/4/8 18:46

内容、非常に納得。
最近は男性でも少なくなったが、女性には珍しい文語調の文体は、小気味良くて、いつも楽しみにしていました。
定期掲載でなくなるそうですが、これからも、鋭い論考を、大いに期待しています。

とある県に、樹齢千五百年、後の継体天皇(の御製も残っています)お手植えと伝わる桜があります。県内にこの桜の名は轟いていますが、この伝承は、地元の村の者と、実際にそこを訪れて由来を知った者にしか伝わらず、県民、県人と雖も、一般には誰一人として、私も昨日までは、知らないのが実情です。こうしたことも、皇室忌避のイデオロギーから、「経験」が顧みられない実例と思います。

日本の闇は深いですが、一つ一つ、一灯を当て、一隅を照らすことで、こうしたことも祓われてくると思います。小生も努力致します。

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。