LGBTから今度は「ノンバイナリ―」~歯止めの利かない"属性"の増殖【兵頭新児】

LGBTから今度は「ノンバイナリ―」~歯止めの利かない"属性"の増殖【兵頭新児】

宇多田ヒカルさんがSNS上で自らが「ノンバイナリ―」であると告白。しかし、多くの人は一体「ノンバイナリー」って何?と思ったことであろう。ワードとしては定着してきたLGBTも、実はLGBTTQQIAAPなどと属性がどんどん増えていた時期もあった(さすがに現在は「LGBTQ+」と表記されることが多い)。しかし、この際限がないと思われる"属性"の増殖はいたずらに社会に混乱を招くだけだ。安易に"属性"を増やすことの愚と、そもそもなんでそのように自らの"属性"を変えたがる人がいるのかについて探る―

ポケモン 2021/7/18 00:37

ジェンダーもポケモン並みに色んな種類が増えているんですね。
フェミがアイドルや女優のセカンドキャリアになっているのは確かだと思います。
玉の輿を狙おうとしても、金のある男は綺麗で若い子を欲しがる。敵も多い。仕事もアイドルしかやっていないなら限られてくる。潰しが効かない。
普通の女になりたくない、もう一花咲かせたい。そう思った時にフェミ活動をすることで新たな仕事が舞い込んできて延命できる。アイドルの生き残り戦略の一つだと思います。

返信を書く

コメントに返信を書く

利用規約を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。