【山口敬之】「逆ギレ」小池都知事が消す江戸~東京文化の灯【山口敬之の深堀世界の真相⑳】

【山口敬之】「逆ギレ」小池都知事が消す江戸~東京文化の灯【山口敬之の深堀世界の真相⑳】

2/10日の会見で、緊急事態宣言の解除見通しについて尋ねた記者に対して怒りをあらわにした小池百合子東京都知事。曰く、「解除に言及すると人出が増える」とのことだが、そもそもいま問題になっている病床数の逼迫という事態を招いたのは一体だれか。続く緊急事態宣言下でダメージを受け続ける東京の老舗たち。「人災」の面も持つ現状に対しての責任を問う。

記事を読む コメントを書く

コメント

いつも読んでます 2021/2/13 23:56

山口さんの指摘にとても共感しました。小池さんは自らの責任で決断し、結果を引き受ける覚悟が無い事がよく分かります。次回の記事も楽しみにしています(^^)

マリステル 2021/2/13 09:35

「佐賀県では2月8日から時短要請が解除されたから、もう飲みに行けるんだー(^^)❤️❤️❤️ 精神的な解放感が半端ない!」と言うと、他県の友達に「いいなぁ…うちなんて仕事終わったら帰り道真っ暗よ?」「19時でオーダーストップとか、全然酔う暇ない」「あーもー!いつ解除されるんだろ?」という話になる。

そんな「解除の見通しは?」という真っ当な質問をした記者が小池百合子知事に恫喝されたことを、いったいどれくらいの国民・都民がご存知だろうか。

東京都は日本の縮図で、影響は日本中に波及する。パフォーマンスではなく実務に努めてほしい。

的確な記事をいつもありがとうございます。

2 件