【山口敬之】米国大統領選:日本人を愚弄する「報道自粛」【山口敬之の深堀世界の真相⑧】

【山口敬之】米国大統領選:日本人を愚弄する「報道自粛」【山口敬之の深堀世界の真相⑧】

何より「真実」が求められる報道にあって、今回の米国大統領選では闇が多すぎる――。

記事を読む コメントを書く

コメント

kurenai 2020/11/21 10:20

アメリカ大統領選について、最も信頼でき分かりやすい解説をしてくださるのは山口さんだけですね。
NHKなどはバイデンを持ち上げる報道ばかりです。ネットでは逆にトランプ贔屓のあまり、胡散臭いウワサ話をさも真実のように垂れ流す動画が多いです。

マリステル 2020/11/21 02:10

米大統領選、どうなってるのかわけわからなくなっていたので、この解説は有り難かったです。メディアが変な方向に誘導していることが怖いです。報道の偏りは米大統領選だけではないですね。山口さん自身も当事者ですね。
ペンは剣よりも強しと言いますが、ペンと戦えるのはペンだけなのかも…という気概を感じる記事です。ジャーナリストの真髄を感じます。

あふぉ 2020/11/20 17:27

アメリカ大統領選挙の不正は対岸の火事ではない。もちろん日本でのメディアによるトランプ陣営の主張封殺もしかり。
今は全く聞かなくなったが、日本でも菅政権誕生後で年内解散選挙が口頭に上っていた。
中共支那の工作はアメリカでの出来事では終わらない。当然今後行われる日本での選挙は隈無く見直すべきであろう。現在行われている某宗教団体政党の老人ホーム集票代理投票含めてだが。
最近ではアフリカ各国の親チャイナ首長が任期を伸ばすために自国の憲法書き換えすることが流行っているとか。国連の各種決議は今後も信用できなくなる。
こんな状況で自由主義連合を引っ張る日本はアメリカに頼らない立国のチャンスだ。真の戦後レジュームからの脱却が始まっている。

3 件