エマニュエル新駐日大使という"爆弾"【山口敬之の深堀世界の真相 No71】

エマニュエル新駐日大使という"爆弾"【山口敬之の深堀世界の真相 No71】

新たな駐日大使として着任したラーム・エマニュエル氏。「剛腕」「野心家」との評判もあるエマニュエル氏、その評判に違わず、着任早々(SNS上で)駐ロシア大使と舌戦を繰り広げるなど、活発な動きを見せている。が、この大使決して「親日」というわけではない。むしろ日本を上手く利用してやろうという意図が満々なのだ。果たして岸田政権はバイデンの派遣したこのジャジャ馬を手綱けられるのか――。

記事を読む コメントを書く

コメント

2022/3/28 01:23

米国の思惑に乗る必要はないが、ロシアは北方領土を侵略している敵国であるから経済協力で希望などという頓珍漢な発想に陥らず、もともと分断している状態から敵国に歩み寄らないよう注意していきたい。

返信を書く
本郷 2022/3/13 10:35

山口敬之氏は、見事にアメリカ大使(ユダヤ系アメリカ人)の本質を見抜き、嚙み砕いて説明しています。お見事です。

返信を書く
2 件