「性自認」で転向した稲田朋美 ー狙われる自民党保守系議員【山口敬之の深堀世界の真相㉟】

「性自認」で転向した稲田朋美 ー狙われる自民党保守系議員【山口敬之の深堀世界の真相㉟】

性的少数者(LGBT)への理解増進に向けた法案、いわゆる「LGBT法案」について、自民党内で激しい議論が行われている。自民党保守が「知恵」で法案の行き過ぎを是正しようとしている一方で、激しすぎるとも思える主張で強硬に法案を推進しているのは、かつての「保守の旗手」稲田朋美議員だ。リベラル以上にリベラルとも思える稲田氏の主張の危険性を、海外事例をひも解きながら解説する。

記事を読む コメントを書く

コメント

市井 2021/6/10 14:07

稲田氏の変節について、勉強になりました。
また、単なる性的嗜好としての同性愛と疾患としての性同一性障害との峻別の問題について、並びに、前者による詐病企図、そのためにマニュアル化された受診時の愁訴問答集の存在、および、虚偽の愁訴を虚偽として否認できず認容し結果的に詐病の成立に加担する精神科医師については、私が知るところ1999年創設当時の2ちゃんねる医者板等において、再三俎上に上ったテーマでした。(わたしは全く医師ではありません。)
20余年間変わらない技術的な限界や漫然とした社会一般に比して、有形力や政治力を駆使して(私にはそう見えます。)倒錯性欲の実現(保険診療)にまい進する彼らたるや驚嘆すべき執念です。

返信を書く
宏昌 2021/6/7 15:12

山口敬之氏の論説の中心は「トランスジェンダーは治療すべき病気として取り扱うべきであり、差別問題ではない」だと理解しています。いつもながら、主張が明快です。このOnlineまたはWill誌上で稲田朋美氏からの反論を受けてはいかがでしょうか。
山口氏には「なぜ稲田氏は変節したのか」についての論評もお願いしたいです。私には、防衛大臣退任前後の「故無き女性差別体験」に遠因があるように思われます。「稲田氏自身が酷い言論苛めにあって人格が傷ついてしまった」のではないでしょうか。

返信を書く
ましう 2021/6/6 12:27

まさに、おっしゃる通りで問題の本質がグラついていると思います。
LGB、T、そしてQ+を「差別」という言葉でくくるという雑な考えを恐ろしく思います。そもそも、LGBがおよそ13%というデータを信じるなら、これを少数とするもどうかと思います。なぜ、わざわざ法を作るのかというところが共有されていないのも、問題ではないでしょうか。

返信を書く
Hills 2021/6/5 01:46

トランスジェンダー差別を煽る悪質な記事。ここで語られている言説はトランス差別を煽る典型にはまっているし、国際的にもそう認識されている。WHOによっても医療モデルから人権モデルへの意識転換が図られている現実を無視した記事は、あえての差別煽動なのか、無知蒙昧からくるものなのかは知らないが、この法案を語る上で誤謬を招くものであり、著しく公益性を損なうものだ。こういう悪質な差別煽動に乗ってはならない。自分のことを保守と勘違いしているネトウヨと差別者だけを喜ばせる記事と言えるだろう。

悪質でも何でもない良質な記事 煽っても無いし、国際社会?笑わせるな 何処が差別煽動だ!無知蒙昧は貴様の方だ! 勘違いはお前の方だ!この大馬鹿者! 2021/6/12 08:09

返信を書く
山口敬之 2021/6/2 12:03

Kurenai様、

コメントありがとうございます。LGBとTの違いを知らない方も少なくありません。しかし、推進派は大多数の国民の無知につけ込んで、「弱者の人権」という美名の元にこうした問題の多い法案を成立させようとします。少しでも多くの方に、この問題の全体像を知っていただきたいと思い、この原稿を書きました。

返信を書く
2021/5/30 10:11

もとは、スガ政権が東京オリパラ開催に向けた日本の多様性の無さを払拭するためのアピールだったが、図らずも身内に潰されて自民党の多様性の無さを世界にアピールする結果となった事例と捉えています

返信を書く
kurenai 2021/5/30 09:47

よく書いてくれました。本物のジャーナリストでこの問題について正面から切り込んだ人は山口さんが初めてではないでしょうか。
NHKを筆頭にほとんど全ての新聞・テレビがLGBT翼賛プロパガンダ報道しか流していませんからね。

>ここ数年、性的少数者問題について熱心に取り組んでいる稲田氏が、カレン・ホワイト事件を知らないはずはない。

いや。案外知らないかもしれませんよ。
活動家は、自説に都合の悪い事実は「見えない・聞こえない」らしいですから。

返信を書く
7 件