大人気漫画に「ポリコレアフロ」の異名が

 ぼく、常々思っているんですけど、女性向けに描かれた「自己主張漫画」――。
 言ってみれば女性向け『ゴーマニズム宣言』、女性向け『美味しんぼ』みたいな漫画です。
 どうしてあれ、決まって三白眼でタラコ唇、長いまつげのいかにも「女性サークルのボス」といった風格の女性が無表情に眠そうな目でタバコをふかしつつ、一方的に語るんでしょう。

 きっと、そのキャラに作者の自己主張を代弁させているんです。
 だからそうしたキャラは、作者の願望を具現化したクールビューティ。
 大体において、そうした漫画では聞き手はただ圧倒されるばかりで、何も言い返さない。
 そこには「対話」がないんです。
 もっと……対話がなされるようになるといいと、ぼくは思います。
 ――すみません、何かと思われたかも知れませんが、「久能整(ととのう)君ごっこ」をやってみました。
 
 久能整君というのは田村由美先生による女性向け漫画『ミステリと言う勿れ』の主人公。
 
 本作はウィキペディアによると電子版を含めた単行本累計発行部数が2021年12月時点で1300万部を突破、2021年7月には1か月の電子版の売り上げが小学館の歴代最高を記録。本年1月10日よりは菅田将暉主演でドラマが放映されるという人気作。また『このマンガがすごい! 2019』ではオンナ編の2位に選ばれるなど、「業界人気」も圧倒的です。

 内容は特徴的な髪型の大学生、久能君が事件に巻き込まれては推理するというミステリ。

 ただ……この久能君、ネット上では「ポリコレアフロ」なる名前を頂戴してもいます。

 本作、一応ミステリではあるのですが、この久能君が推理の合間合間に(概ね事件には一切関係のない)ポリコレを説き、とにもかくにも男は悪、女はそのために苦しめられている無辜の被害者、日本は海外に比べて遅れている、恥ずかしいと結論するのです。

 本作を「お説教漫画」、「女版ポルノ水戸黄門」などと形容する人もいます。要するにポリコレを水戸黄門の印籠のように突きつけ、男たちを黙らせることこそが本作の売りであり、女性にポルノ的快楽を与えている、というわけですね。
兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

大人気の『ミステリと言う勿れ』
via twitter

男女平等を説き、警察署に感謝される容疑者

 そんなわけでまずは第1話(第1巻所収「Episode1 容疑者は一人だけ」)について、見ていきましょう。といってもぼくが問題にしたいのは、上にも書いたような本筋に関わらない「ポリコレ」部分。ミステリとしてのネタバレはナシですので、安心してご覧ください(ちなみに以降、漫画の台詞を挙げていきますが、いずれも厳密な引用ではなく大意であることをお断りしておきます)。

 まず、とある殺人事件で、久能君は容疑者として警察にしょっ引かれます。

 久能君が慌てもせず沈着冷静なのは主人公のお約束として、読んでいて奇妙なのは事件と関係のない演説ばかりしていること。

 若い男性刑事が夫婦喧嘩中であることを言い当て、「家事をちゃんと手伝え」とお説教、それに従って嫁の機嫌がよくなったと感謝されたり、中年(男性)刑事に「家庭から逃避せず家族と向きあえ」と説いたりで(海外の父親は家族に向きあっていて偉いのだそうです)、殺人犯と疑われつつ、署内の人心を掌握することしきりですごいなあ、コミュ障で友だちもいないという設定なのに、という読後感を持ちます。
 圧巻なのは署内で軽んじられている若い女性の刑事に対し、「性別が三種あるといい」と語る箇所。

 「おじさん、特に権力者サイドにいる者たちは徒党を組んで悪事を働く。しかしそこに女性が混じっているとやりにくくなる」。

 いや……まず、彼が「おじさん」をとにもかくにも悪者として扱うことに嫌悪感を覚えますが、そこは置くとしても、女性がいることで悪事を妨害できるのならば、この数十年で汚職の類いは激減したはずであり、「第三の性」など必要ないのでは……と思っていると、「しかし女性は団結して立ち上がらない」のだと言います。

 また、随分女性を侮辱した物言いだな……と思っていると、その女性刑事に「あなたの存在価値はそれ(おじさんを見張ること)だ」などと言い出します。

 全くもって、わけがわかりません。

 男性への抑止力として「第三の性」が必要なのか、「女性」がそれをなすべきなのかが、はっきりしない。

 おそらく作者としてはこの久能君こそをその「第三の性」に設定しているのでしょうが、(彼は幼児期に父親に虐待を受けていたことが語られ、また恋愛経験がない、トイレでは座って小を足すといった具合に、意図的に中性的なキャラクターとして造形されています)描いているうちに論理が混乱してしまったのではないでしょうか。

 しかしそんな偏見の塊で穴だらけの理論に、女性刑事は感銘を受けます。本作では常に、人々は久能君の主張に言いくるめられてしまうのです。そう、冒頭で書いた「作者の分身である女性が一方的に語る漫画」同様、ただただ自分の意見が受け容れられて終わり、という図式なのですね。

女性になることは「暴行・監禁・強姦」されること?

 そんな本作、近年では「ネット世論」の影響を受けたとおぼしい話も目立つようになりました。第8巻ではそれが顕著で、「Episode11 星降る舌八丁」も「Episode12 耳寄りな話」もツッコミどころしかありません。

 前者は久能君がライカという美女(恋愛経験のない彼の、彼女候補的な人物)と共に犯罪者集団に軟禁される話。恵まれぬ育ちを持つ犯人(もちろん男性)がいきなりライカに「女は楽でいい」と言い出すのですが、彼女は「ならば女になって暴行され監禁され、強姦され殺害されろ」と一喝。いや、そんな極端なことを言われても困るんですが。

 犯人は「男の方が殺されている、戦争で死ぬのは男だ」と反論します(戦争に限らず、殺人事件の女性被害者の数は男性の3~4割といったところです)。この辺り、即ち男性側の「反論」が織り込まれている辺りに、いかにも近年のネットの影響を感じるのですが、しかしそれに対する「再反論」は極めてお粗末なモノ。ちょうど、以前お伝えしたことのある、「弱者男性」の主張に対する左派寄りの文化人たちのそれとそっくりです。

 ライカ様によれば「戦争は男が同性同士で好きでやっていることであり、異性にレイプされることとはわけが違う」のだそうです。

 なるほど! 戦争って必要もないのに男たちが好きでやっていたんですね!大戦末期に特攻隊となって死んだ若者たちも、きっと好きで死んだんですね!戦時下は女性たちもノリノリで戦争を支持していたなんてことは、絶対になかったわけですよね!!
兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

世界には女性も含めた徴兵制を敷く国もあるが、フェミニストはなぜかそのあたりには言及しない。
 しかし更に驚くべきはライカ様の後を継ぎ、久能君が(まるで彼女の論法の粗雑さを悟り、大慌てで論理をすり替えるかのように)ジェンダーフリーを説き出すこと。つまり「男性も大変なのはわかるが、ならば男たちも男らしさを捨てよう」というわけです。このジェンダーフリーの愚かしさは幾度も述べているので繰り返しませんが、久能君は『ドラえもん』がアメリカに輸出された時、しずかちゃんの持ち物が「人形」から「本」に変わったことを例に挙げ、そうした教育が好ましいと語るのです。

 すごいですねえ。本作も欧米に輸出されたら「黄色人種のアフロは文化盗用だ」と言われると思うので、久能君には丸坊主になってもらいましょう。

「痴漢は冤罪ばかり騒がれる」という不思議な論理

 後者は喫茶店で久能君が他人の話を立ち聞きして口を挟む、というヘンなエピソードです。男女のグループが「故意に痴漢冤罪を仕掛けた女が何者かに突き落とされた」との話をしているのですが、「恐らく濡れ衣を着せられた男が犯人だろう」といった流れになり、男性の一人は「その冤罪被害者は人生をめちゃくちゃにされたのだ、そんな女、ぶち殺してやればいい」と憤る。ところが久能君は「恐らく犯人は女ではないか」と言うのです。「痴漢で苦しんでいるのは女なのに、冤罪を仕掛ける女がいたら、女全体の苦しみが増すばかりだからだ」。

 ???

 冤罪で人生を破壊された男より、第三者の女性の怒りの方が大きいのだそうです!

 久能君は「こと痴漢については冤罪ばかりが騒がれる、どうしたことだ」と説きます。しかし、本当にそうでしょうか?例えば、駅の構内で「痴漢撲滅」を旨とするポスターは日常的に見かけますが、「冤罪撲滅」ポスターはぼくの体験上見かけたことがありません。

 男性が「痴漢」されることより「冤罪」をより恐れるのは当然です。当たり前ですが、痴漢を行うことは自らの意思でその実施・不実施をコントロールすることができます。ところが痴漢冤罪に関しては、(満員電車に乗らない、電車では女性の近くに行かないなどの選択肢はあるにせよ)自分の意思ではコントロールできません。つまり、「天災」に近い事態にもかかわらず社会的生命を絶たれる危険性があるわけです。久能君は痴漢の被害の方が重篤だと断言しますが、しかし上にもあるように、この作中の件でも冤罪被害者の男性は人生を破壊されるところ(或いは既に破壊された後)だったのです。
兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

痴漢は論外の犯罪だが、世の中には「痴漢冤罪」という不可抗力で苦しんでいる男性も多くいる。
 久能君はそんな男性の苦衷は脇に置き、海外から日本に来る女性は「痴漢に気をつけろ」と言われる、情けない、と嘆くばかり。その理論でいけば、むしろ日本から海外へ行く女性に「レイプに気をつけろ」と教えるべきと思いますけどね。

 言うまでもないことですが、日本は世界でも驚くほど性犯罪の少ない国であり(レイプの件数はアメリカの1/18ほどです)、相対的に(おそらくは交通事情なども重なり)痴漢がクローズアップされることになっているわけで、安全性という意味では欧米とは比較にならないくらいに高い。しかしそれにもかかわらず、久能君はひたすら海外を持ち上げ続けます。

逆効果の「フェミニズム漫画」

 ――以上、こうして見ていくと久能君はそもそも倫理観、人権意識に重大な問題を抱えている人物であり、本作は「ミステリ」である以上に「フェミニズム」漫画であることがおわかりいただけようかと思います。これが爆発的なヒットとなっているという現状は、やはり好ましいものではありません。

 前回、ぼくは「うっすらフェミ」との言葉をご紹介しました。「女性は誰しもが、うっすらとフェミニストなのだ」といった意味あいの言葉です。

 ぼく自身は従来より、「フェミは一般の女性とは相容れない」としてきました。フェミニズムは結婚も異性愛も否定する思想なのだから、当たり前のことです。

 しかし本作の人気を見るに、「うっすら」な人たちは確かに増えているのかも知れません。

 「うっすら」な人たちは(否、おそらくは学者などのプロのフェミニストたちすらも)そうしたフェミニズムの反社会性や女性にも不利益を生む部分を見ずに、表面の糖衣の甘さだけに心を奪われ、結果、カロリーの摂取のしすぎで肥満化しているのであり、本作もそんな、女性に甘言を弄して不幸にするだけの作品である、といえましょう。
兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

兵頭新児:ポリコレを推進するこの漫画がすごい(=ヤバい)!

現実を無視したポリコレ・フェミニズムの主張は、むしろ男女間の断絶を広げる気がするのだが…
 フェミニストとは吸血鬼であり、一般女性がフェミの闇に気づかず、フェミを注入されつつあるのだ……といった比喩は前回も使いましたが、本作もまた、それが当てはまってしまっているのです。

 あるいは、「娯楽作に文句をつけるなど野暮だ」といった反論があるかも知れません。「男性向けにだって反社会的な作品はある、それをも否定するのか」との反論も考え得るかと思います。

 しかし本作はそれらとはちょっと性質が異なるように思います。

 実は本作の第3巻では、久能君が誤ったデータを引きあいに出して「おじさん」を批判する下りがあり、話題となりました(ただ、作者や出版社は即座に過ちを認めて謝罪をしており、それは大変に誠意ある対応であったと思います)。

 次回はその辺りをご説明すると共に、上の問題についても掘り下げていきたいと思っております。
兵頭 新児(ひょうどう しんじ)
本来はオタク系ライター。
フェミニズム、ジェンダー、非モテ問題について考えるうち、女性ジェンダーが男性にもたらす災いとして「女災」という概念を提唱、2009年に『ぼくたちの女災社会』を上梓。
ブログ『兵頭新児の女災対策的随想』を運営中。

関連する記事

関連するキーワード

投稿者

この記事へのコメント

兵頭新児 2022/1/14 03:01

コメントありがとうございます!
本当に「お説教シーン」に必然性がないんですよね。
いきなり女優の入浴シーンが入るドラマといっしょで、そここそが女性にとっては見せ場なんでしょうが……。
これからも応援をどうぞよろしくお願いします!

2022/1/13 00:01

最近話題になっていたので、試し読みでこの漫画を読んでみた所、
モヤモヤさせられました……記事を読んで、何故モヤモヤ感を抱いたのか分かった気がします。
同時に、何故この漫画が女性に対して特に人気なのか?それにも納得がいきました。
次回の掘り下げにも期待してます。

兵頭新児 2022/1/11 01:01

コメントありがとうございます!
「日本人は働き過ぎだ」という一般論は多分、正しいのでしょうが、いずれにせよ日本ではそうそう簡単に会社を休めないという事情を鑑みず、「男が悪いのだ」「海外は正しい」と言われても困っちゃいますよね。
おっしゃるように「欧米」とだけ言われても困りますが、おそらく作者はアメリカの高所得のリベラルな人たちだけが「欧米」だと思っているのでしょう。
(フェミニストたちは北欧が好きですが、そっちの名前は不思議と出てきません)

おっしゃるように男の多い世界に女が入ってきた時、いろいろと不協和音が生じることは事実だし、できれば調整すべきだと思います。
しかしフェミは全てにおいて男が変われ、だから困るんですね。

2022/1/8 17:01

欧米で出産のときに仕事を休んだりするのは、家族のために仕事をしているんだから、仕事を後回しにしないのは優先の順番や目的のわからない馬鹿、っていう発想もあるそうです。
ざっくり欧米ってのも広すぎるし、むしろ向こうでもそういう先進的(と見られてしまう)考え方が取り上げられるだけで、仕事を優先する人もいっぱいいるんでしょうね。
ただ体育会の中で女性が入ると色々とやりにくい、受ける女がおっさん臭いのに合わせる傾向があるのは事実ですね。ただそれが必ずしも悪いことかどうか、悪くてもおっさん側が悪いのかは場合によると思いますが。

すべてのコメントを見る (4)

コメントを書く