gettyimages (649)

※写真はイメージです

古代脳が大好きな古代なべ

古田 中国産新型コロナウイルス、これで東アジアは滅茶苦茶ですよ。蔓延した理由は、どう考えても前近代の陋習(ろうしゅう)のせい。中国人は珍しい獣を食べると精力増進して多産になり、一族が繁栄すると信じています。

久保田 韓国も同じですね。

古田 「野味」と言って、アナグマや金絲猴(キンシコウ)を食するのです。要するに接待料理。食べたことがありますが、まずい(笑)。韓国のイヌ鍋もそうでしょう。

久保田 イヌ鍋は、男性は精力剤と信じているし、女性の場合は赤ちゃんを産んで母乳が出ない人が滋養強壮としてよく食べます。ただ、ちょっと臭いんです(笑)。食べた後、ペットの犬が嗅ぎつけて側に近づいてくれなくなって大変でした。

古田 北朝鮮には食肉用のイヌ牧場があります。韓国だと「硫黄家鴨(ユファンオリ)」というのがあって、アヒルをヒヨコの頃から硫黄を食べさせて育てたものを食べる火鍋料理があります。とても硫黄臭い。そのアヒルを育てるための特別な農家があるほど。

久保田 参鶏湯(サンゲタン)だって同じです。朝鮮半島では小さなニワトリの内臓を取り出して、高麗人参と洗ったもち米、干しナツメ、栗、松の実、ニンニクなどを詰め込む。考えてみれば、残酷な料理だと思います。

古田 滋養食の一つです。

久保田 ほかにも、ガンギエイ(洪魚)の切り身を壺などに入れて発酵を促進させた刺身でホゴフェという食べものがあります。アンモニア臭がものすごい。

古田 中国の場合だと、コウモリも食べるから、そこからウイルスが入り込むのです。

久保田 南洋の島に行ったとき、フルーツコウモリ(食用コウモリ)を食べたことがあります。スープに入れて、そのまま煮込む。お皿から足がはみ出ていて、とても気持ち悪かった(笑)。

古田 中国でハトを食べたことあるけど、真ん中から割って開いてあった。そういう食べ方が好きなようです。中国人は公園のハトを見るとお腹がすくんですって(笑)。コウモリを食べるアナグマやキンシコウを火鍋料理にしているから、どんどん広がってしまう。SARS感染も同じ系統だった。

久保田 中国の野生食の豊富さは、さすがの韓国でも負けます(笑)。

古田 「大中華」と「小中華」の関係だからね。こんな古代食を食べ続けている限り、中国発祥の疫病はなくならない。王毅外相はミュンヘン安全保障会議で、新型コロナウイルスについて国外の感染者数が全体の1%以下にとどまっているのは、中国が国外への拡散を効果的に押え込んだ結果だったとして、「世界の公衆衛生のために多大な努力を払った」と自賛したそうです。
 そんなアンポンタンな話はありません。今回の一件で、完全に進歩史観は潰れました。進歩史観が信じられていた頃であれば、隣国も順調に変わっていると思えた。ところが、まったくそうではなく、進歩史観は破壊され、中国や北朝鮮は古代的専制のままで残っている。その事実に多くの人たちは気づいています。

北は餓死、南は経済大打撃

久保田 北朝鮮も少なからず影響を受けています。

古田 金正恩は新型肺炎にかかることを随分怖れているようです。あれだけ肥満して持病持ちだから、罹患したら一発でやられてしまう。

久保田 それはあるでしょうね。中国との国境が1300キロにわたってあり、真冬の季節になると川の水量は減るし凍るし、お金を渡せば、闇に紛れていくらでも入国することができます。噂ではすでに40人が新型肺炎の犠牲になったと言われています。
 北朝鮮では辺境で流行るのは問題ないと考えています。とにかくトップは平壌だけには入ってほしくないと思っている。経済的にも大打撃を受けています。新型肺炎の影響で瀬取りすらできない状況なので、とにかくお金がない。

古田 多くの餓死者が出るかもしれません。韓国だって危ない。

久保田 文大統領はもともと親中派ですから、中国に対する厳しい政策をとっていません。湖北省からの渡航者は入国禁止にしましたが、それ以外はさほど厳しい入国制限をしていません。さすがに韓国国内からも「どこまで中国の顔色を窺っているのか、中国と国民の健康、どちらが大切なのか」と批判の声があがり、「NO中国!」の看板を掲げてデモをしています。

古田 今までは「NO安倍!」だったのに(笑)。

久保田 韓国人による中国ツアーも中止が相次いでいるし、ソウル市内のレストランでは「中国人お断り」にしたり、酒場で中国人を殴打する事件も発生しています。韓国人は差別意識が強いので、「中国人=ウイルス」と短絡的にとらえて毛嫌いしている。

古田 韓国での国内感染者はどのくらい?

久保田 28人です(2月15日時点)。現状では、それほど拡散していない状況です。

古田 中国がこんな状態だと韓国経済、厳しいでしょう。

久保田 韓国経済は輸出入が国内総生産(GDP)の87%を占めています。とりわけ輸出は25%、輸入は21%が対中国なのです。ただでさえ米中貿易戦争の影響で苦しくなっているところに、追い打ちをかけるように新型肺炎で中国との貿易がストップすれば、直接的な経済ダメージを受けることは必至です。現代自動車などの組立工場は中国にあるので、工場を稼働できず、生産できない状況にまで追い込まれています。

古田 工場移転だって、そう簡単にはできない。

久保田 習近平国家主席が3月に訪韓予定でしたが、延期になりました。中国はTHAAD問題で「限韓令」を発し、韓国からの韓流輸入を制限していましたが、解除するともいわれていました。6月に暫定延期なのですが、まったく不透明です。

古田 文在寅大統領も蒼ざめるだろうな。

久保田 それと韓国の場合は、中国人の朝鮮族の多くが家政婦やベビーシッターとして働いています。

古田 高麗時代の逆だね。元時代のシナ人家庭では、多くのコリアンが奴婢だった。

久保田 往来者の数も多いので、そこからウイルスが持ち込まれる可能性は高い。予断は許しません。

検察改革の美名の下で

古田 韓国だって中国や北朝鮮と変わらない古代国家ですよ。むしろ、どんどん時代を逆行している。「約定・分業・法治・所有・人権」……これらの近代精神がすべて失敗してしまった。一応、産業国家なので見た目は近代の装いをしているけども、内実はそうではありません。いつまで経っても半古代状態が続いています。その象徴が文政権じゃないかな。

久保田 今、韓国内政において、青瓦台という「権力」と、それに対抗する検察という「権力」の死闘が繰り広げられています。もともと韓国の検察は逮捕権と起訴権の両方を持っており、末期政権を脅かす強い存在であり続けました。

古田 李朝時代の「捕盗庁」(李氏朝鮮の成宗代から中宗代にかけて創設された、漢城府及び京畿道の警察業務を担当する部署)と同じだ。韓国の警察は何をするかと言えば拘束するだけ。

久保田 それで逮捕状を請求し、逮捕は検察がします。

古田 逮捕すること自体、検察が拒否することもあるわけだから、ひどいね(笑)。

久保田 そういう意味で、検察は独自の権力を持っています。政権発足後は手足となり、反権力者を逮捕・起訴する。5年たって政権に対する不満や政治的腐敗が進捗すると、検察側は突如敵に回り、摘発し始めます。その理由は保身のため。次政権も睨(にら)んで、政権の手足であることをやめます。

古田 だから、どんな大統領もその末路は悲惨です。

久保田 でも、文政権はそんな検察の今までのやり方を何としてでも阻止しようと画策しています。

古田 そこで高位公職者犯罪捜査処(公捜処)を新設するという。2019年12月30日には、国会で可決され、開設は7月の予定です。どういう組織なんだろうか。

久保田 盧武鉉政権時代から構想がありました。左派政権を続けたくても、検察に足を引っ張られて逮捕者などが出たら、保守政権に逆戻りしてしまう。
 そこで検察とは別の「検察」機関をつくることを企図したのです。文大統領はその構想を受け継いだわけですが、その権限は大きく大統領や国務総理、国会議長、国会議員、大法院長、大法官、各国家機関上級職員、軍部将官クラス、各道知事・ソウル特別市長等主要地方公共団体首長などの高位公職者だけにとどまらず、その家族の犯罪も含まれます。

三権分立壊れて古代秘密警察

古田 まるでロシアやナチスの秘密警察だ(笑)。公捜処のトップが政権に反旗を翻(ひるがえ)したら、大統領一族を逮捕することも起きかねない。

久保田 その可能性は低いでしょう。委員長任命は委員会が開かれ、七人で構成されますが、野党推薦はそのうちの2人だけ。うち1人は進歩系推薦です。あとは与党推薦ばかりです。公捜処長は最終的に大統領の任命です。スタッフも捜査員40名と検事20名が所属しますが、これも青瓦台の許可を得なければならない。時の政権の完全なる手足と化すほかありません。

古田 盛んに文政権に盾突いている尹錫悦検事総長は、もともと文大統領の子分だったでしょう。

久保田 公捜処ができたら、逮捕者第1号は尹氏と言われています。

古田 検察とはどういう関係になるんだろう。

久保田 検察が、たとえばある高位職要人の疑惑について捜査し始めたとしたら、公捜処に途中報告する義務が生じます。そうなると公捜処は捜査状況をすでに事前に把握できる。捜査も公捜処に移管されます。

古田 ああ、それでわかった。味方は回避し、敵は打ち砕くことができる──まさに古代思想だ(笑)。

久保田 三権分立は空中分解。司法の上に特権的に存在するのが公捜処ですから。

古田 もう壊れちゃったね(笑)。7月までの間に何とか阻止できないのかな。

久保田 野党側が公捜処は憲法違反だと訴えれば、もしかしたら変わるかもしれません。

古田 野党にそんなガッツを持った人間はいないでしょう。

久保田 最大野党の自由韓国党は欠席でした。でも、少数野党は賛成に回りました。

古田 ヤバいから?

久保田 野党側だって公捜処の危険性は認識していると思います。でも、韓国の一般市民は文大統領の「捜査と起訴の聖域をなくす」という言葉を信じ、検察改革は善なることだと思っています。その民意を無視することはできない。さらに選挙法の改正で準連動型比例代表制が導入されました。これによって、小党でも選挙戦を有利に戦えるようになったのです。

古田 それと引き換えにか。

久保田 共に民主党は過半数を割っていますが、小党がまとまれば法案は通過できます。文政権がうまく取り込んだと言えます。

韓国民主主義も墓場行き

古田 尹検事総長は今、文政権の疑惑を追及していますが、具体的にどういう事件なの?

久保田 政府が直接介入した事件が2つあり、1つが蔚山の市長選挙介入疑惑です。2018年6月、文大統領の右腕とも言われる元人権弁護士で、政治家に転身した宋哲鎬氏を市長選に当選させようと、対抗馬の保守党系現職市長だった金起炫氏の疑惑事件をでっち上げ、警察に捜査させたのです。そのため、金氏の信用は失墜し、宋氏が当選しました。この件では、曺国氏も介入しています。

古田 ひどいものだね。民主的な選挙も壊してしまった。

久保田 検察は不正選挙だと見抜き、捜査していましたが、その途中、民情首席の秘書として出向していた役人が事情聴取の前日、自殺しています。

古田 弾劾になってもおかしくない。もう1つは何ですか。

久保田 盧武鉉大統領の秘書だった柳在洙前釜山経済副市長で、収賄容疑で家宅捜査が入りました。経歴を見てもわかるように柳氏は文大統領ととても親しい仲だった。それゆえ突然、調査が打ち切られたのです。しかもこの件に関しても曺国氏が介入しています。

古田 曺国氏はどこにでも顔を出していたんだ。

久保田 検察はこの2つの事件を調べ上げていたわけですが、青瓦台も実力行使に出ます。1月2日に秋愛美法相が就任、同月8日には32人の検察幹部を左遷させました。文政権疑惑を捜査している担当検事たちです。

古田 報復人事だな。しかも左遷先が済州島とかだから、李朝時代の島流しと一緒です。ただ日本の島流しと違うのは、妻妾同伴が許されていた。それで私塾を開いたりしていたので、扱いがかなり緩かったのです。左遷された連中は、失地回復の時期をうかがっているでしょう。

久保田 検察側も黙っていません。10日、ソウル中央地検が柳氏の事件に関して青瓦台への家宅捜査を試みています。さらに17日に曺国氏を起訴、宋氏も19日に事情聴取し、在宅起訴。ほかに元主体思想派の前大統領秘書室長、任鍾晳氏も事情聴取しています。さらに蔚山市長選介入事件に関して29日、13人起訴しました。
 でも、この起訴状の内容が知られたら文政権は大ダメージを受けると踏んで、秋法相は非公開にしたのです。まさに前代未聞です。さすがに、秋法相のやり方に憤慨した『東亜日報』と『朝鮮日報』は手を尽くして70枚にわたる起訴状をすべて入手、紙面上の公開に踏み切ったのです。

古田 まさに死闘が繰り広げられている。曺国氏はもともと「マルクス・レーニン主義派」(PD派)でしょう。でも、文大統領は「主体思想派」(NL派)だから、実は思想が異なる。どこで曺国氏はNL派に変質したんだろうか。

久保田 文大統領は、どちらかと言えばNL派というよりも、貧しい家庭に生まれ、日本や財閥を逆恨みしている階級闘争派です。一方、曺国氏は個人的にマルクス・レーニン主義に基づいた文章をたくさん書いていました。文大統領は曺国氏の書いたものを読んでファンになったのです。

古田 そこで近づくようになったんだな。

久保田 文大統領は政権が始まってから曺国氏を司法にかかわる民情首席秘書官に据え、司法改革に乗り出しました。実は公捜処設置や軍情報機関の解体などの青写真を描いたのは、曺国氏であり、彼は2019年、法務大臣に任命されるまでの2年間で、韓国の情報機関や警察、軍を骨抜きにしたのです。

古田 実に悪いヤツだな(笑)。蒙を啓く啓蒙主義者でなく、蒙を閉ざす閉蒙主義者だ

進歩派の善のストーリの終焉

久保田 公捜処が7月にできたら、文政権が長期化するのは間違いありません。検察も骨抜きにされて、起訴された事実も握り潰される。

古田 完全な独裁体制だ。週刊誌でも、さすがに「ゲシュタポ法」と書いていました。

久保田 4月に国会議員総選挙がありますけど、これまた絶望的です。

古田 与党が勝ってしまう。

久保田 大勝しなくていいんです。とにかく負けなければいい。与党が有利なのは間違いありません。何より野党がダメですし、文政権側も大きな失態もない。公捜処新設にしても日本人の目から見たらとんでもない秘密警察が誕生するのが確実なんですが、お話ししたように韓国民は検察をようやく民主化できるととらえていますから。

古田 韓国の政界を見ていると、いつも目先の利益・権益を求めるだけ。しかも、最後は失敗に終わっています。
『アジア時報』(2020年1月・2月号)で、小此木政夫慶應大学名誉教授が毎日新聞の記者の質問に答えていた。その回答を読んで啞然としました。韓国で出された徴用工判決について「韓国司法はなぜ『独走』したのですか?」という質問に、小此木氏は「遅れてきた韓国司法の『民主化』といえます。これまで『権力の召使』だった韓国の裁判所が政府の影響から独立し、時には政府の政策に反する判決を出すようになったのです」と答えている。読んで驚いたけど、文政権側に寄ったら、こんな発言も出てくるわけだ。

久保田 進歩がいいことだと思っているんですね……。

古田 退歩ですよ。独裁専制を築いているんですから。

久保田 彼らはそう思わず、民主化していると考えている。もともと検察は保守の手先で悪の機関だと考えられていた。そこを民主化したからいいことをしている、となる。

古田 進歩史観が壊れ、社会主義経済も失敗したのだから、20世紀の進歩派の善のストーリも崩壊したのです。そのストーリは悪の専制を目指しているだけだった。現実に目覚め、善悪逆転したことに早く気づけ。

久保田 しかも、今回の選挙では文大統領が2年前からすでに準備を始めており、公職候補者検証委員会なるものを設置し、新しい候補者を選抜しています。

古田 秘密会議による候補者選定?どこかの共産党みたいだ。

久保田 なおかつ委員会の委員長と幹事長が二人ともNL派、主体思想派です。

古田 そうすると、候補者のほとんどがNL派だろうね。

久保田 文政権は事前に準備をして、計画を立てながら進めています。

古田 左派はみんなそう。

久保田 だから、選挙を通じて揺るぎないNL派議員を生み出していくはずです。そうなると、文政権の地盤がより強固になる。北朝鮮に乗っ取られてしまうかもしれません。

古田 そうか、やっぱり韓国は滅びるしかないな(笑)。前々から言っていたけど、いよいよ墜ちゆく先は近い。それより僕は日本の社会科学者が心配です。ヘーゲル・マルクス100年の「進歩」の慣性にとらわれている。善悪は結果の見通しにすぎないのだから、先見しなければ善はとれないのです。「地域研究者はその地域を愛さなければならない」なんて言う学統は最悪。それでは、朝鮮研究者や中国研究者は、その国と一緒に墜ちて行ってしまう。うかうかしているうちに、久保田さんのようなプロの記者の方が、世界認識が上になってしまったではありませんか。日本の朝鮮研究者はもって肝に銘ずべきです。


古田 博司(ふるた ひろし)
1953年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科東洋史専攻修士課程修了。延世大学、漢陽大学などで日本語講師を務める。滞韓6年の後、帰国。下関市立大学を経て、筑波大学名誉教授。『ヨーロッパ思想を読み解く──何が近代科学を生んだか』(ちくま新書)、『日本文明圏の覚醒』(筑摩書房)など著書多数。近著に『韓国・韓国人の品性』(ワック)、藤井厳喜氏との共著『韓国・北朝鮮の悲劇 米中は全面対決へ』(ワック)がある。

久保田 るり子(くぼた るりこ)
東京都生まれ。成蹊大学経済学部卒業。産経新聞入社後、1987年、韓国・延世大学留学。95年、防衛省防衛研究所一般課程修了。外信部次長、ソウル支局特派員、外信部編集委員、政治部編集委員を経て編集局編集委員。國學院大學客員教授。著書に『金日成の秘密教示』(扶桑社)、『金正日を告発する──黄長燁の語る朝鮮半島の実相』(産経新聞出版)がある。

関連する記事

関連するキーワード

投稿者